サイトトップ お問い合せ VALTREX.jp サイトマップ
グラクソ・スミスクライン株式会社
VALTREX.jp
Valtrex.jp

帯状疱疹とバルトレックスについて

1、バルトレックス作用機序

経口投与後速やかにアシクロビルに変換され、ウイルスの増殖を阻止します。

2、	バルトレックス用法・用量

帯状疱疹に対する投与量と投与期間をご紹介します。

3、	帯状疱疹 診断のポイント

帯状疱疹の診断は皮疹が出現すれば容易であり、必要な場合の確定診断としては細胞診が簡便です。

4、	帯状疱疹 治療のポイント

帯状疱疹では、皮膚の炎症や痛みを軽減するために、発症早期からウイルス増殖を抑えることが重要です。

5、	帯状疱疹 一般経過、病因

帯状疱疹の発症には細胞性免疫の低下の関与が考えられており、通常、皮疹の出現する数日〜1週間前から痛みが起こり始めます。

6、	帯状疱疹後神経痛

帯状疱疹後神経痛(PHN)は「急性帯状疱疹後の皮膚分節の皮膚の変化を伴った慢性の疼痛」と定義されています。

7、	帯状疱疹 疫学

帯状疱疹は50歳代以上で多くみられ、その生涯罹患率は6〜7人に一人です。

2、	バルトレックス用法・用量

帯状疱疹の病態や治療について動画でわかりやすくご紹介します。


帯状疱疹
帯状疱疹とバルトレックスについて
トピックス
GH(性器ヘルペス)
水痘
単純疱疹
動画コンテンツ「口唇ヘルペスは神経の感染症です」
お役立ち資材
Ccrカリキュレーター
コンテンツライブラリー
バルトレックス製品情報

ご利用条件    プライバシーポリシー    推奨環境
グラクソ・スミスクラインへ
This site is intended for audiences in Japan. Copyrights (C) GlaxoSmithKline K.K. All rights reserved.